効果的な対策方法

看護師の国家試験は、合格率が非常に高いことから、まじめに学校に通って準備をしていた人ならまず合格することができます。基本的な問題を落とさなければ合格ができますから、専門学校で習ったことをしっかりと復習することが何よりも重要になるでしょう。基本的な問題を漏らさずに解答できれば、合格はほとんど間違いのないものとなります。応用問題に割く時間があるなら、一回でも多く基本的な問題を解いておくのが正解です。

専門学校の中には、国家試験対策に力を入れているところもあります。もしも参加できる対策講義があるなら、積極的に参加をしておくことが推奨されています。受験対策のプロの人が、過去問を分析して予想問題を作ってくれている場合もあるからです。看護師の国家試験は出題の範囲がとても広いので、ある程度出題されるであろうことを予想しておくのは効果的な準備になります。その問題が出れば確実に答えられるようにしておいて、あとはその範囲を広げていけばいいだけです。

「疾病のなりたち」や「人体の構造と機能」といった基本的なところは、すべて正解ができるようにしておいて、時間に余裕があれば苦手分野の克服に手をつけましょう。実際の試験時に時間配分を間違わないように、実践形式の練習もしておくのもいいでしょう。きちんと本番と同じ時間、同じ問題量で予行演習をしておけば、効率的な時間の使い方も身につきますし、本番で緊張をすることも少なくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です